プロフィール

阿部寿輝(あべとしき)
1990年6月22日東京生まれ。 Webディレクター・DTP編集者
パソコン一台で日本中のフリーランスに影響を与えた人物に出会い感銘を受ける。
青山学院大学入学後、将来を考えたがいまいちパっとせず、ラーメン屋、塾講師、コンビニ、派遣などを通して社会とのつながりを探すも見つからない学生生活を過ごす。そうしたなかでフリーランスという働き方を見つけ、「フリーランスセミナー」と検索するとトップに出てきた人が知り合いの知り合いと身近にいたことが現状に導くキッカケになる。

その後、トップ経営者がどういった思考なのかという観点が社会とのつながりに重点を置いていると感じ、経営者の元でWeb関係協力という形で潜り込み、経営者としての修行を行う。2017年フリーランスとして独立準備中。経営戦略、ファイナンス、マーケティング、PRなどのレベルもあげ、培っていたWebの力融合させて若手経営者、フリーランスの通訳、便利屋として縁の下の力持ちのような存在になる。

しかし、今一番力を入れているのは健康管理。高校時代は東京のバスケットの強豪校へ入学し、練習に明け暮れ全国4位まで上り詰めたが、スポーツをしなくなってからは体が大きくなってしまった。毎週一度は経営者仲間とバスケットをしているので興味ある方はどうぞ。現在は90名の経営者やフリーランスと共同で様々なビジネスプラン、アイディアを形にする仕事を請け負う。「個という幹を創り、集という大輪の花を咲かす」そうした毎日を送ると心がける。

主な実績…2014年アサヒビールやジョンソン&ジョンソンなどの大手とスポンサーを獲得し、予算約1000万規模の大学生としては初の有明コロシアムにて大型バスケットイベントUBCJ大学バスケットボールフェスを橋本氏共に主催。(大雪の為中止)※橋本氏は現在Acenders株式会社代表取締役
2015年…Web教材作成管理ディレクター 就任
2016年…経営スクール社内マガジン編集長 就任
2016年…個人向けWordPress講師(個人店舗、フリーランス向けサイト構築コンサル)

これまでの経歴

 

こんにちは、阿部です。

まずは自分の経歴のお話。

どんなことを考えているのか?

ソレには過去の話が必要です。

高校時代

高校ではバスケットボールに明け暮れていました。(今では体格も大きくなってしまいましたが、16番が僕ですw)

朝練昼連夜練と四六時中バスケットの事を考え、3日あれば合宿、インフルエンザで学校が休みになっても、許可をとり練習!大型休暇はひたすら試合!なんてことは日常茶飯事の出来事です。

その結果
東京都では1位、全国では4位と素晴らしい成績をチームでは残すことが出来ました。

全国各地から名だたる猛者が集まり、非常に厳しい競争社会の中で日々切磋琢磨を繰り返し、研鑽を行う環境は非常に刺激的なものがありました。
ただ、僕はレギュラーにこそなれませんでしたが、この環境で学んだ価値観や姿勢は後の人生において非常に重きを置くものなったと思います。

大学時代

スポーツの世界では、プロへ行くことは出来ないなと思い、切り替え勉強に専念しました。
当時の僕は馬鹿だったので、現役時は大学に受からず、浪人を経て大学に入学しました。

大学入学時は

「花のキャンパスライフだ!」
「より高度で専門的なことが学べる!!」

なんて、思っていたら英語の授業ではhello!から始まる日常会話のレベルからのスタートで、他の講義もどれもピンとこないあんまり自分にとっては面白くないなぁーなんて思う講義が多々ありました。

「自分自身なにがやりたんだろう?」
「どういった職業につきたいのだろう?」
「そもそも働くってなんだろう?」

なんてことを考えながら、日々悶々としながら過ごしてきました。

バスケットサークル活動も入りましたが、
高校時代に本気で取り組んでスポーツをしていたので、
「楽しいだけの環境」
というのに余り魅力を感じられずにいました。
でもまぁとりあえず、飲み会や合宿など一通りは参加し、やっぱりつまんないなーと思い、1年も立たないうちにサークルも行かなくなりました。

大学時代の失敗

 

そうこうしているうちに、僕は赴く大学に赴く足が止まっていきました。

「こんな授業なんの意味があるんだろう?」
「自分の将来に本当に必要なのかな?」

と余り意義がわからず、行かなくなり単位を落としまくりました。
自業自得ではありますが、留年。

留年する際に、これ以上は親に迷惑をかけれまいと、自分で稼ぐことにしました。(当たり前ですね。)

しかし、授業料はおおよそ100万くらい。

これを数ヶ月用意して、振り込まねばなりません。
そして、このときに両親も早期退職の願いが会社からかかり、実質職を失うと自体に直面します。

ここでも「働くってなんなんだろう?」と大いに考えさせられました。
そして、また、「雇用の恐怖」というものも強く感じました。

一瞬大学をやめようかなーとも考えましたが、それでは今まで学費を払い続けてきた親に申し訳が立たないと思い、やめない方向で考えました。

選択肢は
「やめる・借りる・稼ぐ」

やめることはできない。
借りることはできない。

じゃあ稼ごう。必死に稼ごう。

休学して、今までやっていたことを全てやめ、1年間バイトばっかしてました。
自分自身の身から出た錆だし、必死をこいてバイトをこなします。

コンビニ、ラーメン屋、塾講師、会場設営の派遣、コールセンター、等

バイトばかりしていると、世の中の悪い部分、嫌な部分が多く見えてきます。

様々なバイトを経験する上で、

「こんな大人にはなりたくないなー」
「こんな仕事には就きたくないなー」

と思えることがたくさんありました。
別にその人を卑下しているわけではありません。
そういうわけではなく、反面教師としてたくさん学ばせていただきましたから、非常に感謝しています。ここを掘り出すと、キリがないので、割愛しますw

そして逆に大学生活中では学外で色々と活動していていくと

「こんな大人になりたいなー」
「こんな仕事してみたいなー」

と思う、人間的に魅力の溢れた人にも出会いました。

当時学生団体のトップをしていた方(現在はコンサルタント→独立)
経営者の方
フリーランスの方

が主な人です。

そこに共通したのは「ビジネス」に関する考え方。
そして、自分の考えをしっかり持ち、それを実現しようと努力し、結果を出している人でした。

自分で稼ぐにはどうしたら良いのだろう?
どうやったらやりたいことを実現できるのだろう?

でも、やり方がわからない・・・
でも、胡散臭いことはしたくない・・・・

情報商材やアフィリエイト、せどり、輸入販売と世の中にはお金を稼ぐやり方を教えているところはたくさんありますが、ここもいまいちピンときません。
高額なセミナーや楽して稼げる、自己啓発などはすごく嫌です。
これをしてお金を稼ぎたいとは思えませんでした。

そんな思いを持っていると、それを払拭できる人物に出会いました。
有る経営者に出会い、僕の考えは一変します。

詳しく書くとそれだけで無限に語れるので、割愛しますが、要は

「ビジネスというものの根幹」を理解することが出来ました。

お金を稼ぐことはどういうことなのか?
商品はどうやって創るのか?
顧客をどうやって集めるのか?

基本的な内容かもしれませんが、それを分かりやすく噛み砕いて色々と教わりました。(今も学んでいます。)

しかし、いざ実践しようと思ってもなかなかうまく行きません。
分かっても出来ない。

やってみて出来なかったエピソードを一つ

■UBCJの話

ここにUBCJの経験談が入ります。
ここにUBCJの経験談が入ります。
ここにUBCJの経験談が入ります。
ここにUBCJの経験談が入ります。
ここにUBCJの経験談が入ります。
ここにUBCJの経験談が入ります。
ここにUBCJの経験談が入ります。
ここにUBCJの経験談が入ります。
ここにUBCJの経験談が入ります。
ここにUBCJの経験談が入ります。
ここにUBCJの経験談が入ります。
ここにUBCJの経験談が入ります。
ここにUBCJの経験談が入ります。

やりたいという思いはあるが、実現できない悔しさ。
もっと自分に能力があれば・・・
なんてことを思いました。

そしてもう一つの問題が・・・・

自分には強みがないのでは?と自信がなくなります。

やり方がわかっても自分の強みが全然ない・・・

なんて思い、行動を起こせずに悶々とします。
僕の駄目な所ひとつですが、行動を起こすのが非常に遅くなりがちです。
ひたすら悩み、考え、のループ。

「まずやれや!」

なんてよく言われますが、自分が納得しないと動かないタチで良くないところです。

ここである小さな成功体験をすることが出来ました。

僕は中学生の頃からWindows98を親からお古でもらい、パソコンばかりいじっていた経験があります。普通のパソコンをいじるのが習慣だった僕は、以外にも他の人がITに関して疎いことに気づきました。
友人知人の小さな悩みを解決できることを知りました。

相手の小さな悩みを解決することができる事を知り、少し自信が湧いてきます。

じゃあまずはココからやってみようと思い、フリーランスとして活躍している方に弟子入りし、ITの基礎、応用、活用法などアドバイスを頂きながら、現在活動しています。

小さいことをコツコツを積み重ね、知らないからわかる、わかるからできる、できるからできさせるようにするように、そしてより世の中が面白くなるように、今後共日々精進していきたいと思います。

僕の考え方の根幹

僕は非常にわがままな性格だと思います。

・拘束されたくなし、自由なライフスタイルを贈りたい。
・好きなことを仕事にしたいし、やりたいことをやっていたい。
・価値観の合わない人と一緒いにても面白くないし、いたくない。
・刺激的な環境が好きで、日々成長していたい。
・お金はたくさん稼ぎたい。

そんな想いがあり、サラリーマンはあまり性に合いません。
もちろん、仕事があり、決まった日にお給料が入金され、福利厚生があり、生活も収入も安定する。

これは本当に素晴らしいことです。

しかし、僕の中で一生払拭できない無い想いは、

「雇用される恐怖」です。

上記にも書きましたが、親の件もあり、一生企業に雇われて生きていくことは僕には痛烈な恐怖を覚えています。

就職をすることは大切なことだと思うし、社会の勉強にはまず会社にはいることも一つの手段ですが、それよりも、まず、「自らが社会で生き抜いていく力」が非常に重要だと僕は考えています。

 

そんな過去を経験してきて、僕のやりたいことが見えてきました。

僕の根底にある価値観

「個という幹を創り、集という大輪の花を咲かす。」

これが僕の中の根底にある価値観です。

まず第一に大事なのは、
「個という幹を創る」

ここで言う個の幹とは、

・経済の自立
→稼ぐ力

・能力の自立
→必要な能力を身に着け、活用できる能力/自分自身の強み

・精神の自立
→セルフコントロール(自己管理)、

この3つの自立の柱を指します。

そしてこれを実現するために必要なスキルは

ビジネス×ITの能力が必須になってくると思います。

そして、
「集という大輪の花を咲かす」

個の確立した人々が共通の価値観を持っていることで
そこには「文化」が生まれます。
個の確立した人を

理念の話。
「文化を創り、世の中をより面白くする。」
だいぶ壮大な話になりましたねw

まず、文化とは何か?を説明します。
「文化とは、人や国の集合体の共同価値観」
であると僕の中では定義しています。

この文化の中にあるのは

「ビジネス/クリエイティブ/アート」

その文化のもと
ビジネスを基盤とし、クリエイティブに問題解決を行い、アートの力で世の中をより面白くしていくことが僕の本当にやりたいことです。

「文化を創り、世の中をより面白くする」

これが僕がやりたいことです。

じゃあお前具体的になにすんのさって話。

「50年ビジョン」
まず、個の幹の基盤を整えます。

1,教育機関の確立と人材発掘、人材育成

高校と大学の間には大事な教育が抜けているように感じます。
人生の選択の幅を広げるための大学生活ですが、大学の講義では必要な情報を断片的にしか学べないと感じています。
実際に僕が学んだのは外で活動していって学び取る事がほとんどでした。

それは、

税金や保険、資本主義社会でどう生き抜いていくのかという
「経済の教育」

自分付きたい仕事にどうやってつくのか?
自分自身で仕事を生み出すにはどうすれば良いのか?という
「仕事に対する教育」「キャリア教育」

部分的にはあるかも知れませんが、それは断片的な情報や、規模の大きな話(世界の経済状況は〜とか)になり、自分自身の生き方に対して直接的に影響してくるものはあまり多くありません。

まずは若い人に知ってほしい、社会の現実を。

仕事とは何なのかというキッカケを与える。

・大学で目標を失った人の為の会
→2W交流会,ドロップアウト交流会、「輝く大人たちに会おう」イベント

 

・ITをうまくつかいこなせていない人の場
→ITセミナー・ノウハウ系講座(WordPress等)

 

・クリエイターを目指している人の場

2,Web未経験者の為の交流会

ここにバナーが入ります。

・クリエイターとの出会いの場

1,フリーランスNight



 

 

 

・クリエイターの確保
→招来クリエイターとして活動していきたい若者を集める場
NEXiT

若手クリエイターの発掘と教育、仕事のオファー、情報収集、情報共有、マーケティングを目的としたクリエイターのプラットフォームを運営しています。

 

・ビジネススキル/ITスキルの習得
起業・フリーランス・就職・転職などをする上で身につけなけばいけない能力の教育機関

ここは基本審査制のクローズで運営しています。
誰でもは参加はできません。環境は人の質が大事になってきます。
本気でないとついていけない世界がビジネスの世界です。生半可の覚悟では、あなたの人生を棒に振ってしまうので、安易に勧めることは出来ません。
過去に何か本気で取り組んだことのある人はすごく刺激な環境だと思います。
僕の価値観に合う人しか紹介しません。これは僕にとっても相手にとっても良くないからです。

「茶色」

2,強み(ビジネス×IT)を活かしたビジネスの構築

資本力小〜中
ウェブ制作系(BtoB BtoC)
制作系のオファー、人材系のオファー、
個人や中小の悩みを解決できること

ボク個人では出来ないこともクリエイターと二人三脚で解決できればと思います。

「水色」
「ココまでが個のフェーズ」

3,カルチャー系の本格総合エンタメ事業

資本力中〜大
サブカルチャー(アニメ、マンガ、映画、ゲーム、音楽、小説、ダンス)
ハイカルチャー(芸能、芸術
より日本が豊かになり、

”娯楽” は人の生活をより豊かにします。
そして、娯楽の中で、人生において重要なことを学ぶ機会が多いと思います。

僕もその一人です。
マンガは3000冊以上は読んだし、アニメは200作品以上見ています。
小中学生の頃は、ひたすらゲームをしていたし、すきな音楽の話題で教室は盛り上がりました。

日本の娯楽に触れてきたからこそ、今の人生があるし、様々な考え方や価値観をそこから学びました。
そして今ある仕事は減り、”遊び”が仕事になっていくと思います。

エンターテイメントを通して、世の中をより豊かに、楽しく、面白く、する。
それがぼくの一番やりたいことです。

楽しいことを創る人は決して楽しいだけではやっていけないということも知っています。
その為に、まず今何をするべきかを考え、最短の道にでは無いかもしれませんが、遠回りをしながらしっかりと一歩一歩と歩んでいこうと思います。

少子高齢化と高齢化社会により、一人ひとりの負担は増えます。
そして、ITの進化により、AIなどで単純作業のような仕事は減り、より創造性の高い仕事が人には求められます。
現代の時代では、ITとビジネスどちらも切って切り離せない存在であると確信しています。

そして今ある仕事は減り、”遊び”が仕事になっていくと思います。

多くの人を救うことは自分でできるとは到底思えません。
本人がより学び、経験し、実践し、失敗し、挑戦し続けることで自身の能力がつき、社会の荒波に飲まれない生き方ができると信じています。

「好きなことで生きていく」

それにはそれ相応な、能力と技術が必要になってきます。
その為に、今やるべきことをしっかりと見極めて早めにスタートし、準備することが非常に重要になってきます。

ストーリーライティング

僕の強み

・広い人脈
経営者、フリーランス、クリエイター、大手企業勤務の友人たち、パフォーマーなど様々な職種の人との繋がりがあり、広い知見を持っています。
→面白そうな人になってみた!シリーズ
→イベント「輝く大人たちに会ってみよう」

・ITスキル
基本的なIT能力を持っています。
WordPress構築、ブログ構築、ウェブマーケティング、Illustrator、Photoshop、LP作成、ブートストラップの活用、

→ITを活用するためのセミナー
→ノウハウ系を集約したセミナー、講義

個人的な仕事の依頼はこちらへ
→ポートフォリオ

・ビジネススキル
経営戦略、マーケティング、ファイナンス、PR、に付随するスキル。
リアルもWebも基本的にはやることはおんなじです。
それをどうプローチするのか。

僕の強みはあなたの強みを活かし、ビジネスを構築し、Webで告知し、売り収益を確保することが可能です。

僕の実績

2014年

02.14 UBCJを開催、運営しました。(当日20年ぶりの大雪のため中止)

2015年

バイトに明け暮れていました。orz

2016年

・個人向けのワードプレスサイトを20個ほど作成
・経営スクール社内マガジン編集長 就任
・起業に関するニュースレターを創刊(〜現在)

2017年。

02.19 京都大学にて「教育できない人は起業を諦めなさい」のパネラーとして登壇
03.01 本ブログ[abelog]を開設しました。
03.25 「第1回フリーランス★Night in Tokyo」 を開催しました。